成年後見制度と市民後見人

 

ヤフーニュースで、大阪市や名古屋市では、市民後見人は無償が原則だそうです。

 

認知症などで行為能力が無くなると、基本的に銀行預金が下ろせなくなったり、

自宅を売却することができなくなります。

 

行為能力がなくなると、行為無能力者として、契約は取り消せることになるので、

実質的に法律行為、要は契約ができなくなります。

 

認知症になった高齢者が自宅を売却する必要があるときは、家庭裁判所に申し立てて、

後見人を専任してもらい、その後見人が本人に代理して自宅の売約契約をする事になります。

 

この家庭裁判所が選任する後見人は、司法書士・弁護士が主に選任されますが、

当然のことですが、有償です。

 

認知症である被後見人が支払うことになりますが、大体20,000円から

35,000円程度です。年では240,000から42,000円。

年金生活者にとっては結構な負担です。

 

市民後見人は、これを無償のボランティアでやって頂こうという目的でしょう。

 

後見人は、後見される人の財産管理と、身上監護という入院手続き・

老人福祉施設等への入所手続き・在宅看護やヘルパーさんの契約といった

身の回りの法律行為のお手伝いをするのですが、結構時間と労力が必要です。

 

これをボランティア精神で社会に貢献していただこう!ということですが、

はたして無償で頑張るという方がどれくらいいるか?ということになります。

 

日本国の財政も逼迫しているので、これ以上老人福祉にお金を振り向ける

こともできないでしょうから、難しいところです。

 

 


 

お問い合わせはこちらから!

    お名前・Your Name (必須・Required)

    会社名・Company Name (法人様でしたらご記入下さい・Please fill in if company status)

    メールアドレス・Mail Address (必須・Required)

    電話番号・Tel Number (必須・Required)

    お問合せ題名・Subject

    お問合せ内容・Description

    添付資料・Related documents (もし御座いましたらお送りください・if any)